病気・病院

2009年04月28日

チーム・バチスタの栄光

海堂尊の医学ミステリー「チーム・バチスタの栄光」のテレビドラマと映画版DVDの両方を一気に見ましたテレビ


f13f4982.gif


既に原作は読んでいましたが、丁度手術後入院しているときにテレビ放映が始まったので録画したままになってました。ついでにDVD借りて映画版も見ました。ところどころ実際に心臓病で手術入院を経験したので「ありえな~い」状況もありましたが、テンポの良い展開で笑いも挟んで医学ミステリードラマとして楽しめました。テレビと映画では役者も違うし結末が異なっていますのでそれぞれ楽しめます。「スワンガンツ・カテーテル」この医療用具がポイントになりますが、頭の中でこの言葉がぐるぐる回ってます。私の場合も使ったのか今度機会があったら先生に聞いてみます。


このほかに、海堂尊の医学ミステリーとしては、「ナイチンゲールの沈黙」「ゼネラル・ルージュの凱旋」の3色(黄・青・赤)が代表作としてそれぞれ独立した話ですが、少しずつ関連した小説になってます。「チームバチスタの栄光」から読んで、「ナイチンゲール」「ゼネラル・ルージューの凱旋」へと進むと話の理解も早いと思います。

89fd490c.jpg


0432b4ab.jpg


さて、バチスタの話に戻りますが、やっぱり心臓病にかかったことのない人にとっては、心臓手術って大事(おおごと)に見えるのでしょうね。自分は症状も軽い方でしたが、手術の怖さよりも術後の痛みがどうなのか、いつごろ社会復帰できるかが気になりました。手術自体は先生にお任せするしかないし、自分自身は全身麻酔で何もできないし・・・今思うと手術前結構落ち着いていたのが不思議です。

「チームバチスタの栄光」には心臓バイパス手術の様子もたまにあって、こんな手術なんだと今頃納得しているしだいです。。


もう早くも手術後6ヶ月余り経過してだいぶその痛みも忘れかけてきましたが、のどもと過ぎればにならないように、からだをケアしながら生活したいと思います。最近飲みすぎだし・・・泣く

明日から私は連休に入りますにっこり
ゆっくりと休みを過ごしたいと思ってます。。

前半は久しぶりに遠出して北海道に行ってきます飛行機
きれいな景色や旭山動物園、美味しい食べ物など楽しみです。
食べ過ぎないよう気をつけて行ってきますダッシュ

しばらくクーとはお別れですが汗








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年03月23日

3月検診結果です

やっと桜花の開花情報も流れ出し、春もいよいよ本番ですねにっこり

最近親バカなクーの話題ばかりとブーイングが出そうなので、先週SC病院で薬をもらうために検診したのでその結果を報告をします病院

結論から言うと問題ないそうです。特にコレステロール値は薬を飲んでることもありまったく問題ないとのこと。ただし主治医としては血圧が若干高めなのが気になるらしく、次回(4月末予定)までに下がらない場合は薬を増やすことになるかもしれません悲しい 最近ちょっと仕事が忙しいのと年度末に向けて宴席(お酒の席)が増えたのも影響しているのでしょうね。。。無理せず、ストレスためずに血圧コントロールしたいと思ってます。ただし、毎日の体重測定のおかげで体重自体は安定していますのでご安心くださいまる

また、今回の検診時に会社のメタボ検診の結果も主治医に報告しました。やはり心電図の異常は一生続くそうです。。これが出るのは心筋梗塞を起こした証拠だということ。専門の医者が診れば心筋梗塞が起こった場所も読み取れるそうですドキドキ大

だいぶ暖かくなってきて体調も非常に良好です。食事/運動/睡眠をベースに体調維持を続けていきたいと思ってますにっこり DS生活リズム計も継続しています。約2ヶ月で平均約1万歩/日は維持しています。もうすぐクーも散歩できるようになるので楽しみです。最後はやはりクーの話題でした犬



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月20日

生活習慣病検診結果(その2)

昨年12月に受診した生活習慣病検診(いわゆるメタボ検診)の心電図、胃透視、エコー、胸部X線などの所見結果がでました。

今日、会社の健康管理センターに行って産業医から所見結果について報告を受けました。

*血液検査などの検査値はすべて正常値でした。昨年末掲載したのでこちらをご参照ください。
  ⇒ 「生活習慣病検診結果(その1)」



なお、下の写真はイメージです。
実際の検査結果ではありませんのですいません



まずは、食道、胃、十二指腸、胸部は問題無しとのことですまる



胃透視 ⇒ 食道、胃、十二指腸/正常範囲

a614ca74.jpg

バリウム飲んでゲップを我慢しながらぐるぐる回るので結構きつい困った



胸部X線 ⇒ 両肺/正常範囲

60ad5b8b.jpg

実際には肋骨にワイヤが写っているはず悲しい




残念ながら、心電図とエコーには所見がついていましたダメ


心電図⇒?,?aVF/異常Q波

757402b1.jpg

心筋梗塞により心臓の下部で壊死があったために発生

まあ検出されて当然と言えば当然ですが、、、悲しい



エコー⇒肝臓/高輝度肝、胆嚢/コメットサイン、左腎/石灰化

5113a01c.jpg

肝臓にはまだ肝脂肪があるらしい

胆嚢、腎臓に小さな石がある

軽度なものなので定期的(年1回)診断を継続



ということでまだまだ若干の注意が必要のようです。
検査結果を聞きに行ったときに産業医の先生からは、体重/血圧/コレステロール/肝機能など問題ないレベルなので、継続して食事/運動などを心掛けてくださいと説明がありました。


現在は体調は非常に良好です。規則正しい食事と運動をベースに体重だけはチェックしながら生活してます。この生活を少しでも長くできるように頑張っていきたいと思ってます。


そのために愛犬クレープも応援してくれるし犬

8857041d.jpg



そのクレープは約1週間ですっかり我が家に慣れて、甘えたり、動き回ったり、吠えたりとワンパクし放題になってきました、そろそろしつけの時期ですねにっこり



<今日の体重>

 体重70.0kg、体脂肪30%、BMI26.3
 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月19日

薬の飲み忘れ

先日、退院後始めて薬を飲み忘れました。現在は、5種類の薬をもらって全て朝食後に飲むことになっています。

朝食後に時間に余裕があったので、逆に薬を飲むのを忘れてしまいましたショック

気がついた時は既に電車の中。予備の薬も持ってなかったので、その日は薬無しで過ごしました。特に身体に変化はありませんでしたのでご安心ください。

さて、皆さんも風邪や病気の時に薬を飲むことがあると思います。そんな時飲み忘れたらどうするか?ちょっと覚えておくと良いですよにっこり

特に、次の服用時に2回分飲むのは絶対お止めください!


------------------------------

薬にはそれぞれ標準的な用法・用量が定められており、一般的にはその範囲内で医師が患者さんの症状に合わせ、服用量・服用回数を決定します。指示どおりに服用することが薬物治療の前提ですが、つい飲み忘れてしまったり、外出先に携行するのを忘れて飲むことができなかったりすることは起こり得る話です。そんな時はどのように対処すればよいのでしょうか。

?次の服用時に2回分をまとめて飲んではいけません。
これは大原則です。通常の2倍量を一度に服用することによって、思わぬ副作用が生じる可能性もあります。また逆に、例えば朝と昼の分をまとめて朝に服用するようなこともしてはいけません。寝溜め・食い溜めが効かないのは薬も同じ事です。

?飲み忘れに気付いた時、次の服用時間を考えましょう。
基本的には飲み忘れに気付いた時点ですぐに服用しますが、次の服用時間が近い場合、忘れた分は飛ばして次回から正しく服用して下さい。薬を服用する最低限の間隔は、薬の服用回数によって、異なります。1日2~3回の薬は4~5時間、1日1回の薬なら少なくとも8時間の間隔をあける必要があります。

?薬の作用、使用目的を確認しましょう。
食前服用の漢方薬などを食後に服用しても差し支えありませんが、薬によっては服用時間を厳密に守らなければいけないものもあります。例えば糖尿病治療薬の中でも食後の高血糖を抑える目的の薬は、食直前に服用しないと効果がないので、食事の後に飲み忘れに気付いても服用しないことが原則です。また、食間(食後2時間)の薬を食後に服用すると、食物や他の薬の影響を受けて薬効が減弱することもあります。判断に迷うような時は医師や薬剤師にご相談下さい。

?飲み忘れの多い方は主治医に相談しましょう。
飲み忘れることが多い場合は、主治医にご相談下さい。医師は患者さんが指示どおり服用していることを前提に治療を行っています。種々の理由から1日3回の服用が困難な場合には、1日2回あるいは1日1回服用タイプの薬に変更してもらえることもあります。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月09日

定期診断結果(1月)

お正月はのんびりと過ごし、久しぶりにビールジョッキも食事前にたしなみました。
3日間ほど朝の体重測定ができず、自宅で久しぶりに測ったら1キロほど体重が増えていました困った 

只今現状復帰めざし減量中です汗

さて、昨日、薬をもらう為に1月の定期診断をSC病院病院で受けてきました。
血液検査と心電図を測定し、主治医のS先生の問診&ヒアリングです。

結果は、コレステロールは良好にっこり 中性脂肪は再び高値ショック でしたが、中性脂肪は今の所そんなに気にしなくて良いそうです。
食事内容や飲酒、運動などの状況によって検査値は大きく動くそうです。。

正月にビールジョッキ飲みすぎたかな?(*1日缶ビール1本程度しか飲んでませんが笑顔
とちょっと反省。少し運動を意識的にしてみようかな??


家に帰ると、タイミングよくセントラルスポーツ入会の広告があり、16日までに入れば入会金は無料とのこと。
この3連休に入会検討してみます走る

なお、次回定期診断注射は2ヶ月後の3月中旬の予定です。
それまでに、中性脂肪を落としたいなダッシュ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月28日

生活習慣病検診結果(その1)

先日受診した成人病検診の血液検査の結果が判りました注射

・コレステロール
・中性脂肪
・空腹時血糖値
・肝機能

全てにわたり正常範囲でしたにっこり
あとは、心電図とかX線撮影、胃透視、腹部エコーなどの所見待ちです。


今年は本当に私自身「変」の年でした。特に9月の入院・手術と大変ご心配、ご迷惑をお掛けしましたが、お陰様で人並みの生活ができるまで回復できました。ほんの少しですが、クリスマスから年末入り体重が微増しているのが気になります困った


来年も引き続き健康に注意して、のんびりと活動していきたいと思います。良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い申し上げます。日の出



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月19日

生活習慣病検診受けました

昨日会社の成人病検診がありました。いわゆるメタボ検診です。
メモメタボの基準は色々とあるようですが、会社では下記の基準となっています。

  
  腹囲男性85cm、女性90cm以上が必須

  かつ

  血圧130/85mmHg以上。
  中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満。
  空腹時血糖値110mg/dL以上。

  の3項目中2項目以上。






c4422633.gif



今回の検査項目は、

 ・身長/体重 → BMI 26.1
 ・腹囲 → 84cm
 ・視力/聴力 → OK
 ・眼底検査 → OK

 ・血圧 → 115/79
 ・肺活量 → 4520cc

 ・血液検査(脂質、中性脂肪、肝臓機能、血糖など)
 ・尿検査(糖、蛋白など)
 ・便検査(潜血など)

 ・腹部エコー検査(肝臓、腎臓、胆嚢、脾臓、膵臓)
 ・胸部X線検査
 ・胃透視(食道、胃、十二指腸)
 ・心電図(安静時)

になります。

まずは、CMでもやっているお腹回りの計測。メタボの基準は85cm以上とのこと。ぎりぎりのクリアでした。病気になる前は、間違いなく85cm以上でしたので最大のハードルはクリアしましたにっこり

血圧は薬を飲んでいることもありますが、115/79と正常値の範囲内で問題ありませんでした。

あとは、血液検査の脂質(コレステロール)、中性脂肪、血糖値の結果しだいということになります。この前病院で血液検査したときは正常範囲におさまっていたので問題ないと思いますが、中性脂肪がギリギリだったので心配です。

少なくとも入院後は健康体を取り戻してきましたまる
しばらくは健康に気を使いながら生活していきたいと思います。

結果わかり次第また報告します汗




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月17日

歯医者さんほぼ終了

手術前に抜歯した3本の治療がほぼ終わりました。昨日の夕方3時間も要して(*歯医者としては最長時間でした)ハイブリッドでブリッジ冠にしました。さすがに長時間の治療でちょっと疲れました。。

ad5819f4.jpg


自宅静養中に虫歯とか細かな治療は行いましたが、本格的なブリッジでの治療は12月に入ってから始めていました。しかもハイブリッド(セラミックとプラスチックの合成で作った歯)なので保険適用外となり、結構良いお値段でした。2ヶ月の医療費に匹敵するほどでしたショック 

これで、歯の欠損もなく見た目にも全部の歯が揃いました。当然虫歯もなく、またひとつ健全なからだに戻ることができました。

明日は、会社の成人病検診があるのでどこまで改善できたか判断できると思います。今日は食べ過ぎないよう注意して、早く寝ます寝る


<今日の体重>

 体重69.0kg、体脂肪29%、BMI26.0

 ほとんどこの範囲から動かなくなりました。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年12月05日

定期診断結果(12月)

昨日、今月の定期診断にSC病院循環器科へ行ってきました病院

診察前に、採血と心電図撮影がありました。採血結果は、コレステロール及び中性脂肪は正常値に戻っていました拍手 当然血圧も落ち着いていて久しぶりの三冠達成ですにっこり

薬も飲んでいることもあると思いますが、ここまでの経過を考えると食生活改善による体重減が大きな効果だと思います。

 ☆食べ過ぎない(カロリー意識)

 ☆間食をしない(3食きちんと食べる)

 ☆脂質、塩分、糖類は控える


食生活ではこの3つを退院後注意してきました。毎日の体重チェックをしながら、ストレスにならないように時には脂肪分や糖分も取りますが、取り過ぎや継続しないように意識しています。

継続して食生活に注意して、この体調を維持していきたいですドキドキ大


余談ですが、先生に体調以外で聞いたこと。。

 ☆温泉温泉に入って問題ないか? 

   → まったく問題なし

 ☆サプリメントは飲んでよいか?

   → 濃い黄緑野菜系でなければ問題なし

   → EPA+DHAなら問題なし

761bcb71.jpg


 ☆飛行機飛行機は乗っても大丈夫か?

   → 国内なら問題なし

   → 海外はもう少し経ってから(搭乗時間が長いので)


 と言うことでした。
 特に予定はありませんが、海外旅行はまだ無理のようです。。笑顔






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月27日

病院・医師を選ぶということ

ここまでは問題なく職場復帰していますにっこり ご安心ください。 
今週は残業までしてしまいした汗


さて、先週発売された プレジデント2008年12年15日号に『特集/わが家に一冊! 賢い「医療との付き合い方」百科 頼れる病院、危ない病院』 が掲載されていました。 地域別、病気別に手術実績などがまとめられています。本人、家族や知人が病気にならないと、このような雑誌の記事や書籍に興味持てませんよね笑顔

7c601b7c.jpg


私も今回心臓ドキドキ大を患い(ワズラい)、病気や病院など医療に関して敏感になりました。この手の情報は、知っておいて損はないと思います。病気になってはじめて医師や病院と関わることになりますが、急性で選びようが無い場合を除いて、患者や家族に選択の余地があるなら、この医療に関する情報が参考になると思います。

私の場合は、急性期は最初に診断した病院の紹介と言うより、ここにすぐ行きなさいでした。しかし、その後のバイパス手術は、家族が親戚、知人から集めた情報とか口コミ、書籍、インターネットなどからの情報を総合的に判断して決定しました。この病院を選択する時に、このような医療情報があると多いに役立ちます。

また、心臓病の場合は、初期段階は内科医(循環器内科)が担当する場合がほとんどかと思います。その先生と相談して最善の治療方法(薬物療法、カテーテル治療、手術など)を検討します。この時に快く別の病院でのバイパス手術を含めて相談に乗ってもらえる内科医の存在が大きいと思います。事実、私の場合は、バイパス手術を受けるSK病院に対して紹介状を書いていただきました。また、手術・退院後は、紹介をした内科医(循環器内科)で継続治療(投薬や定期診断など)となりました。

このように、手術をする外科の評判、実績などだけではなく、内科医や外部医療機関と連携がうまくできるかも、大きなポイントだと実感しました笑い


少なくともイザと言うときに困らないように、自宅近辺の病院については自分なりの評価基準で選んでおくと慌てないと思います病院




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
livedoor 天気
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
最新トラックバック