2008年09月24日

入院22日目(一般病棟&外出)

入院22日目。



b4599d21.jpg


今日は、SK病院の初診日。受付は8:30~と言われたが、折角近くに泊まったので、早めに外来受付を行う。

まず、診察券作成のために写真撮影。外来診察室で待機を指示され、奥の待合室で呼ばれるまで待つ。早く受付ができたので、今日の外来では最初の様子。

8:45頃名前を呼ばれ入室する。T先生は温厚そうで丁寧な口調で質問され、今までの状況を簡単に説明する。症状を確認すると、今回狭窄したのが心臓の裏側の冠動脈だったので大事に至らなかったとのこと。K病院で撮影したカテーテル映像(動画)を見ながら、他の冠動脈にも動脈硬化が見られるので、バイパス手術と他の動脈を利用して血管を作る手術が必要と説明される。また、手術は5時間弱かかり、術後は10日~2週間で退院できるはずと言われた。意外と手術時間は短いと感じた。難しい手術なのか確認すると、やさしくは無いけど、よくやっている手術だから心配ないとのことである。ぜひT先生に執刀をお願いしたい旨の話をして、早く社会復帰を図りたいと希望を述べた。

T先生から了解いただく。早々に手術日程を決める。急性心筋梗塞を発症して1ヶ月経ってないから、少し時間をおくような雰囲気であったが、手術日は10/9(木)、入院日は10/3(金)となる。手術に向けてやっと予定が決まった。これからがいよいよ本番。早く治療に入りたいドキドキ大

その後、血液検査、レントゲン検査、心電図測定と検査を受けて、最後に入院についての説明を受ける。なお、今回の治療費・入院費については高額療養費制度を適用できるらしい。昨年(平成19年)4月から、健康保険組合から限度額適用認定書を発行してもらえば、自己負担額だけの支払いで済むらしい。まったく知らなかった。。

バスで最寄駅に戻り、昼食と久ぶりの外出なので、駅の近くの専門店をぶらりとしてSC病院へ戻る。主治医のS先生に報告し、今週歯科治療が終われば一旦退院して、自宅療養で構わないと言われ、9/29(月)午後に退院することにする。

夕食

a873bee8.jpg


やっと先が見えた安堵感と不安が混ざる複雑な心境。いずれにしてもこれからこれから・・寝る

夜、身の回りにある荷物(本とか着替えとか)を箱につめて宅急便で自宅へ送った。3週間もいると結構荷物も増えるもんだ手紙





at 20:19コメント(0)トラックバック(0) | 入院   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor 天気
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック