2008年09月05日

入院3日目(CCU)

6:00 入院3日目の朝を迎える。

昨夜よりぐっすりと眠れた。特に、夜の看護士さんが足の固定を対角線上にしてくれて、半うつ伏せ状態にしてくれたので、腰への負担が軽減されてよく眠れた。感謝まる

7:30 朝食はパン食食パン。トーストしてもらったが、味がない。聞いてみたら無塩食パンといって塩を使っていないパンらしい。まあ食べられるだけ良いかと思い、完食する。

午前中に回診があり、今日午後バルーンポンプをはずすことを説明される。やっと足が動かせる。腰の痛みから解放される安堵感で一杯。

14:30 2~3名の先生がCCUへ来て、いよいよバルーンポンプを外す作業にとりかかる。足元での作業のため何をやっているかは見えない。ただギリギリという何かを巻き取っている音だけが聞こえてくる。何も話さずこの作業が続くのでこちらも少し緊張してくる。しばらくすると「少し痛いですよ。」と声をかけられ、その後に痛みが足に走る。最後に、足の血管を塞ぐ作業をしたらしい。これが腰の痛みを除けば、入院してから一番痛かった。これで足も開放され、やっとベット上で自ら寝返りをうつことができる。

20:00 夕食後に男の看護士さんが来て、「ベットの背中を上げてみましょう。」と言ってベッドの背を起こしてくれた。久しぶりに起きたので、少し頭がぼーっとするが、視界が広がり起きられたことに感動する。

リハビリも兼ねて、しばらく起きていてくださいと言われ、3日ぶりに新聞にも目を通す。麻生総裁選への記事が踊る新聞を読み、上体を起こしまま小一時間を過ごす。

やっと今宵は寝返りを自分でできる安堵感を持ちながら眠りに入る。おやすみなさい。寝る


 

at 20:42コメント(0)トラックバック(0)入院   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor 天気
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ